住宅の資産価値を守る|プロに任せて安心:シロアリ駆除の疑問を解決

プロに任せて安心:シロアリ駆除の疑問を解決

住宅の資産価値を守る

シロアリ

あらかじめ対策しておく

床下に住み着いたシロアリは、根太や床板を食い荒らして家の土台を弱めるだけでなく、柱を伝って2階にまで食害を及ぼすことがあります。被害を受けた住宅は地震や台風などの災害で倒壊する恐れもあり、資産価値が大きく損なわれてしまいます。定期的な点検とシロアリ駆除は、こうしたリスクを回避するために重要です。最近の住宅は、あらかじめシロアリを防ぐ対策が施されていることも多いようです。たとえば土台の部分の木材に、シロアリが嫌う薬剤を塗布しておく方法です。また床下を強制換気して、湿気がこもらないようにした家もあります。このような対策は後から追加することもできるため、一度被害を受けた家の再発防止策として人気があります。

繁殖しやすい環境

最もシロアリの被害を受けやすいのは木造住宅ですが、ベタ基礎や鉄筋コンクリートの住宅でも、まったく被害の恐れがないわけではありません。コンクリートの基礎に少しでも割れ目があれば、そこからシロアリが侵入し、下地材や仕上材を食害することがあります。また外来種のシロアリが、家具などに付着して侵入してくる可能性もあります。最近流行の高気密・高断熱の家は、シロアリにとっても繁殖しやすい環境になります。シロアリの種類によっては、水がなくても繁殖することができるため、湿度が低いから絶対安心とも言えません。住宅の基礎周りに蟻道があったり、羽蟻をみつけたりしたときは、専門家による点検を受けてみることをお勧めします。